2016年12月17日土曜日

猪名川はこんな川です。(中・下流域)2016年12月17日

ドラゴンランド 呉服橋下流右岸。
3月頃から秋まで子ども連れの家族でにぎわっています。
せせらぎ水路には生き物がたくさんいます。
呉服橋下流高木井堰上流。
冬には渡り鳥がたくさん飛んできます。

猪名川大橋下流高木井堰。
毎年アユの遡上が確認されています。
小魚もたくさんいるのか、サギなどの鳥が堰周辺にたくさんいます。

外来植物駆除活動後にはオギで覆われ
きれいなオギ原になりました。が、その後の大水で
右岸側が浸食されオギが流されてしまいました。
昔は河原にオギがたくさんはえていたとのことです。

 
流域ネット猪名川の活動地東久代運動公園水辺。
中学2年生のトライやるウィークの体験受け入れをしています。
猪名川では投網を打てる人が少なくなっています。
中学生に指導しながら会員も技術を習得しています。
アユもとれますよ。





軍行橋下流に箕面川が合流しています。
大雨の後は水が流れていますが、普段は水無し川です。
活動を始める前は川がゴミで埋まっていました。
上流域で市民活動が始りゴミが流れてこなくなりました。




三ヶ井堰
魚が遡上しやすいように魚道の改修がされました。現在では
ドラゴンランド辺りまで天然アユの遡上が確認されています。
軍行橋下流は川幅が広く視界が広がります。
この近くにはワンドがあり、ヒメボタルの生息地があります。
桑津橋下流
アレチウリが大繁茂しているのを見つけました。駆除作業中です。
桑津橋下流から猪名川は分派し猪名川と藻川に分かれます。
猪名川・藻川に清流を、また川がきを育てようと
中園橋下流で毎年9月に水辺まつりが開かれます。
何回も実行委員会を重ね、年々参加団体も増え
当日は4,000人近くの人が集まります。
尼崎市園田地域のみなさんのネットワークや協力体制はすごいですね。
手作りの筏、カヌー、Eボート、葦船等の乗船体験は
大好評です。魚掴み、石投げなど普段体験できない
水辺での遊びを経験できる日です。
みんな川ガキになろう!

会場には、猪名川の自然や生き物の展示、
水質を学ぶコーナー、普段魚に触る機会の少ない
子どもたちの魚に触ろうコーナー、縁日、
子どものリサイクルコーナー等年々ブースが増えています。
外来魚は川には戻さないので、子ども達に手にとって
みてもらいました。
葦船も手作りです。重たい葦船が水に浮くって不思議ですね。
乗船体験乗り場で。

































0 件のコメント:

コメントを投稿